寝る前の食事は髪の毛の成長にはマイナス - 薄毛防止のための育毛日記

寝る前の食事は髪の毛の成長にはマイナス

昔から言われている話しですが、やはり夜寝る前の食事は体に良くありません。消化にはかなりのエネルギーが使われるので熟睡できないので、疲れも取れません。

そして髪の毛の成長も、熟睡することと成長ホルモンがしっかりと分泌することが必要なので、食べてすぐに寝るということはマイナスの作用が大きいのです。

対策としては、寝る前の3時間前は水分以外の摂取を止めることなのですが、長時間労働の人は難しい面もあるでしょう。

その場合でも、なるべく寝る直前は止めて軽く消化の良いものを少しだけ食べるようにします。そうすれば最低限のダメージで済ませることができます。

そういった場合は、朝食と昼食で多めに食べて、バランスを取るようにします。これは薄毛防止だけの問題ではなく、体調管理として非常に重要なので是非実践してください。

私の友人は、スロージューサーなどを使用して、夜は新鮮な野菜ジュースだけを摂取するという人もいます。
スロージューサーなら食品の酵素やビタミンを熱で破壊しないので、良質な栄養分を取ることができて、消化もスムーズです。

夜だけは、このように消化に負担を掛けないものを取るというのも一つの方法ですね。

広告サイト:税理士紹介エージェント|税理士選びを無料でサポート!

タグキーワード
2015-06-11 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © 薄毛防止のための育毛日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。