薄毛防止のためにも花粉症対策はしたほうが良い - 薄毛防止のための育毛日記

薄毛防止のためにも花粉症対策はしたほうが良い

今は花粉症シーズンですね。もちろん1年中何かしらの花粉が飛散していますが、春先に発症する人は多いですね。

私も花粉症なのですが、やはりシーズン中は目や体が痒い、くしゃみや鼻水など症状に悩まされます。仕事にも支障があるので薬を飲んで対処しています。

それでも完璧ではなく、寝ている内に体を掻いてしまって、朝起きると傷ができていたりくしゃみなどもある程度出ます。

ただ薬である程度症状を抑えることができるので、必ず病院で処方してもらって飲むようにしましょう。

花粉症を放置していると、知らないうちに頭などを掻いて毛根にダメージを与えたり、睡眠が浅くなって髪の毛の成長にも害があります。

今の薬は、アレグラやクラリチンなど日中も眠くならないものが主流なので、眠気が嫌な人が服用しても問題ありません。

そして肝臓の負担も小さいので、シーズン中毎日服用してもほとんど影響はありません。面倒臭がらずにシーズン前に、処方してもらうことをお勧めします。

花粉が飛散るまえから飲み始めると、より薬の効き目を期待できるので早めに対処しましょう。特に春先は、秋冬の抜け毛が多い時期から、髪の毛が成長する時期に入ります。

睡眠のストレスを受けたり、毛根のダメージを受けるのは避けたいところです。薬嫌いの人も、薄毛防止を考えると、花粉症薬だけは飲んだほうが良いです。

タグキーワード
2015-03-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © 薄毛防止のための育毛日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。